枕営業をすることのメリットとデメリットを知る

枕営業にはメリットとデメリットが

枕営業をするキャバ嬢は何かと悪く言われることも多いのもあって、しないと決めている人も多いでしょう。

キャバクラはお話をするためのお店ですが、男性がきれいな女性から接客を受けるわけですから接客以上のものを期待してしまうこともあります。本日はお客様から求められやすいものの一つである枕営業のリスクを紹介します。

そもそも枕営業とは?

枕営業とはお客様に対してセックスをエサにして仕事をもらう営業方法のことを言います。

枕営業をすることでお客様の気持ちを引き付けて店に呼ぶことは水商売の世界ではありがちだと考えられています。そのためキャバクラ遊びに慣れているお客様の中にも、枕営業を誘う人が出てくるのです。

一度誘って断られれば諦めてくれるのであれば良いのですが、誘ってもキャバ嬢が了解しなかった場合に脅迫のようなことを言ったり、店に来なくなってしまうこともあります。

気の弱いキャバ嬢の場合には、それに負けて枕営業をしてしまうこともあるようですがこれが落とし穴にハマるきっかけになります。

周りに嫌われる枕営業

枕営業はあまり同業者、つまり他のキャバ嬢から好まれません。ましてや枕営業をしていないキャバ嬢からしたら、同じキャバクラで働いている自分たちまで「枕営業をしてくれるのではないか?」とお客様に勘違いされるリスクとなります。

そのため枕営業をしているキャバ嬢は他のキャストから嫌われる傾向があります。

またお店の男性スタッフも、キャバ嬢に枕営業をしてほしいとは思っていません。というのも枕営業でお客様に来てもらっても、他のキャストの印象も悪いし、長続きしないと思うためです。

枕営業をすることはキャバ嬢としての評判を落とすリスクもはらんでいます。

枕営業をしていることが他のお客様にも伝わってしまうと、「自分にも枕営業してくれるのでは?」と変な期待をさせてしまうのです。そしてお客様からも「体でしか客を取れないのか」とバカにされることもあります。実は枕営業をしていることはウワサとして広まりやすいものです。

キャバ嬢とセックスをした男性の中には口が軽い人もいますし、キャバ嬢を落としたことを自慢話にする人もいます。同じように他のお客様に対して枕営業をしている子の悪口を言いふらすキャストもいます。

男性スタッフやお店が枕営業を推奨しないのも、こうしたトラブルを避けるためです。

枕営業をしたキャバ嬢の他の指名客としたら自分が枕営業をされていてもされていなくても、そんなウワサを聞いたらいい気はしません。

最終的にそのキャストのお客様は離れてしまい、お店の売り上げも下がってしまうのです。そのため、枕営業をするキャバ嬢は誰からも良い評価を得られなくなってしまいます。

変な癖がつくのもデメリット

枕営業をすると楽さにとりこになってしまうこともあります。

キャバクラの接客では、お客様に面白いネタを提供して盛り上げたり、気の利いたリアクションを取ったりといろいろなスキルが必要となります。

しかし枕営業でお客様を呼ぶことができるようになると、こうしたスキルを頑張って身に着ける必要がなくなってしまいます。駆け引きをして気を持たせたり、セックスはせずにお店に来てもらう努力も必要ないので、それがくせになってしまい、営業努力をしなくなります。
これが一番大きなデメリットかもしれません。

無料でLINEから面接応募申し込みできます

『LINEバナーをクリックして友達追加』
LINEにてお友達追加することでご応募できます。
ご希望のエリアや条件、もしくは具体的にご希望の店舗や条件などが決まっている場合は記入していただければと思います。
 ↓
『ご提案』
具体的な店舗が決まっていない場合でも、分かる範囲で希望条件や希望エリアを言っていただければOKです。当社スタッフがお聞きした希望から、条件にあてはまる店舗をいくつか提案させていただきます。
 ↓
『面接日の決定』
面接希望日の確認をし、スケジュールを調整し、面接のご希望のお日にち、お時間を決めさせていただきます。
 ↓
『面接当日』
約束した日時に当社スタッフとお待ちわせをし店舗まで案内します。具体的に店舗が決まっていない場合などは面談をさせていただいてご希望に合う店舗をご提案したします。
 ↓
『面接終了後』
面接結果の合否は当日、もしくは翌日中にわかり次第報告します。面接に合格した場合、体験入店の希望日のスケジュールを調整します。不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。
 ↓
『体験入店当日』
体験入店の当日の昼過ぎに、当日確認の連絡をさせていただきますのでご返信をお願いします。ご都合等により来るのが難しくなった場合は日程変更の調整をしますが問題ない場合は、体験入店になります。体験入店当日は、顔写真つきの身分証は必須です。必ずご持参ください。
 ↓
『体験入店終了後』
体験入店結果の合否を当日か翌日、わかり次第報告します。採用の場合、本入店の希望日のスケジュールを調整します。不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。
 ↓
『入店後のサポートケア』
本入店後「想像していた雰囲気と違う」や「待遇や環境がしっくりこない」等、実際に働きだしてから初めて感じた問題点などご相談承ります。当方が解決の為に代わりの窓口となって店舗様と交渉します。もちろん在籍を辞退する場合も、お気軽にお申し付けください。

LINEから申し込み、面接、体験入店と本入店までの流れになります。

LINEアイコン

同伴出勤で絶対に覚えておきたいマナー

マナーを守った正しい同伴を

同伴というシステムを上手にこなすためには、基本的なマナーを守ることが大切になります。

具体的には人としてのマナー、女性としてのマナー、そしてキャバ嬢としてのマナーを覚えておきましょう。基本なのについ忘れて無視してしまうこともありますが、これができれば好感度アップは間違いなしです。

今回は同伴における守らなければならないマナーについて説明します。

約束は守る

同伴の約束はビジネスの約束と同じようなものです。時間に遅れたり、すっぽかしやドタキャンは絶対にできないと言う気持ちで臨みましょう。

約束を守ったり時間通りに待ち合わせ場所に向かうことは、常識なのですが案外できない人が多いです。

特に付き合いの長い馴染みのお客様の場合などは、多少の遅刻を許してくれたりもしますので、ついついわがままが育ってしまうこともあります。

しかし相手がどんなに優しくても、誠意のない対応をしていると気持ちが離れてしまうこともあるため、注意が必要です。

通常、同伴出勤で過ごす時間は2時間弱程度のものですが、待ち合わせ時間に遅れたらその分過ごす時間は減ってしまうので、遅刻によるお客様のガッカリ度は高くなります。

時間が短い方が楽でいいやなどとは絶対に考えてはいけません。

お店に出勤しなければいけない時間は決まっているので、お客様の中には早く会って長く遊ぼうとする人もいます。

しかしヘアセットや服選びなどに時間がかかることをきちんと伝えて、こちらからきちんと時間を指定した方が良いでしょう。また当然ではありますがお店に入る時間にも遅れないようにすることが大切です。規定の時間を越えるとせっかく同伴しても遅刻扱いになってしまいます。

食事のマナーも重要

同伴の際の食事でお客様と高級店に入るチャンスが多くなります。とはいえ高級店でも食事のマナーは意外と見られているので、恥ずかしくないくらいの知識は持っていた方が安全です。

様々なマナーが食事にはありますが、食事をおいしくいただくことが1番だと思います。

「基本的には音を立てない」、最低限これだけでも守れば何とかなります。

和食や洋食、中華など色々な種類のレストランがありますが、基本的に女性の食事では音を立てないように注意をしておけば安心です。

カチャカチャ鳴ったり、そしゃく音がうるさいなど、どんな料理でも相手が不快になりそうなことを避けなければなりません。音を立てなければ大体問題ないと考えられるでしょう。

お会計時にはきちんとお礼を

同伴の場合、大抵男性客がお会計を持ってくれるはずです。その時にはきちんと感謝の意を伝えるようにしましょう。会計を待つ間は店の外で待つか少し離れた場所にいるのが正解です。会計が終わって外に出てからお礼の言葉を伝えます。

お店のお会計はお客様にすべて出してもらうことになりますがきちんと笑顔で、「ごちそうさまでした」と言いましょう。

誘い方にもマナーがあります

同伴出勤はキャバ嬢にとって、売り上げにもかかわりますし、人気の証でもあるため、積極的にお客様を誘いたくなる気持ちはわかります。しかし同伴狙いでガツガツしすぎるとお客様が引いてしまって足が遠のいてしまうこともあります。

特にフリーで来店したお客様は誰もが指名をゲットしようと狙っていますが、まずはメールでコミュニケーションを取って来店してもらうことから始めましょう。同伴は後から考えることです。

最終的に同伴してもらえたら一気に距離を詰められますが、まず最初はお店に足を運んでもらうことが重要になります。

接客のコツなど、ナイトワークのバイトを楽しく続けれるコツなどを網羅したラウンジキャバクラの求人サイトを紹介したいと思います。スマホ表示に最適化したデザイン配置や、Instagram、Twitterを連動した人気ワード求人情報も網羅したコンテンツづくりなど、ラウンジキャバクラ業界に精通した専門性にすぐれたバイト情報が充実しています。各求人情報ごとを比較した共通点・相違点も公開されておりバイト探しがスムーズになるかと思います。ご参考ください。

西麻布ラウンジバイト専門

同伴を生かして収入をアップさせる方法

同伴とは重要な顧客確保のシステムです

同伴は同伴出勤の略語で、お客様と女性が一緒に店に入るシステムのことです。

キャバクラやクラブなどで使われているもので、お店にお客様を連れてくることができるため、確実に来店を見込めます。 前もって同伴の予定が決まっていると、その日の売り上げを予測することができ、スタッフ数も過不足なく準備できます。

そのためお店目線で見ると経営の安定につながり、非常に喜ばれます。

同伴出勤では、通常の開店時間よりも遅い時間に出勤することができます。例えば19時開店のお店でも20時や21時くらいまでに出勤すれば良いとされており、その間はお客様とキャストは外で過ごします。

その時間帯はお店で働くことはできませんが、来店すれば同伴料が発生するため、損することは全くありません。それどころか同伴すれば、同伴料をお店とキャストで分けたり、同伴ポイントがつくため、店にもキャストにもメリットがあります。

本日はそんな同伴を上手に生かして収入をアップさせるコツを伝授します。

同伴のメリットを理解する

同伴は女性にとっての大きな収入アップのチャンスとなります。

同伴ではお客様と店に入るだけで同伴バックや同伴ポイントがつき、さらに同伴したキャストはそのままお客様の席について指名をもらうことになります。

それでけではなく席に着いたらドリンクや料理などをおねだりして、それらの料金バックを得ることもできます。自分のお客様なのですから多少のワガママも許容されやすいのでフリー客よりも間違いなく楽です。

同伴というシステムによってお客様はキャストと外で会えることを楽しみにして約束を守りやすくなりますし、ほぼ確実に本指名が取れます。

同伴のメリットをお客様にも理解させる

同伴を知らないキャバクラ初心者の男性は、キャバ嬢から誘われて個人的な付き合いだと勘違いすることもあります。

これは非常に危険ですので、同伴ではそういった初心者の男性から勘違いの好意を寄せられたり、体の関係を迫られたりするリスクは否定できません。ですので男性に勘違いされないために、同伴というシステムの仕組みを説明してお互いに納得の上で同伴してもらえる環境を作ることが必要となります。

説明はできるだけ女性がした方がいいです。

お金のシステムを黒服にわざわざ説明させるよりも、話の流れでキャストから伝えた方が場の雰囲気を壊さずに同伴のお願いができるでしょう。

同伴のシステムを知りながらも、自分勝手に同伴の約束を悪用するお客様も中にはいますので注意しましょう。

例えば同伴すると言っておきながら、店に到着する前にホテルに誘おうとしたり、そのまま帰宅する人もいるようです。

同伴せずに食事に行こうとムリを言い続けるセコイお客様も時々いますので、無益なお誘いには乗らないようにあしらうことも必要となります。

冷たく断る必要はありませんが、次に来店するまで、つまりお店に来てお金を落としてくれるお客様だと確認できるまでは深入りする必要はありません。

まとめ

同伴というキャバクラ独自のシステムは、女性にとってもお店にとってもメリットが多いものですが、利用の仕方を間違えるとトラブルの元になることもあります。

普段の会話のやり取りや同伴のお誘いで駆け引きこそ必要ですが、料金システムの説明では駆け引きなしに正直に説明して誠意を見せた方が良さそうです。

また、同伴をエサに来店しないでただで遊ぼうとする男性への対応も考えておきましょう。快適な同伴を目指すには、お客様もキャストもお互いにシステムへの理解が必要と言えるでしょう。

これからナイトワークのバイトに挑戦してみようという方にオススメのお役立ち求人情報をまとめたサイトもご参考ください。ラウンジビップというサイトですが、ラウンジバイトの経験者のインタビューを網羅し、バイトをやろうしたきっかけややりがい、つまづいた時の対処法など専門的にまとめたコンテンツが充実しています。また、こういった方に向いてるという向き不向きタイプ別でも求人情報を振り分けているなど独自コンテンツが特徴的です。人気条件での西麻布ラウンジのバイトさがしが加速するかと思います。いちどチェックしてみてはいかがでしょうか。

西麻布のラウンジバイト