枕営業をすることのメリットとデメリットを知る

枕営業にはメリットとデメリットが

枕営業をするキャバ嬢は何かと悪く言われることも多いのもあって、しないと決めている人も多いでしょう。

キャバクラはお話をするためのお店ですが、男性がきれいな女性から接客を受けるわけですから接客以上のものを期待してしまうこともあります。本日はお客様から求められやすいものの一つである枕営業のリスクを紹介します。

そもそも枕営業とは?

枕営業とはお客様に対してセックスをエサにして仕事をもらう営業方法のことを言います。

枕営業をすることでお客様の気持ちを引き付けて店に呼ぶことは水商売の世界ではありがちだと考えられています。そのためキャバクラ遊びに慣れているお客様の中にも、枕営業を誘う人が出てくるのです。

一度誘って断られれば諦めてくれるのであれば良いのですが、誘ってもキャバ嬢が了解しなかった場合に脅迫のようなことを言ったり、店に来なくなってしまうこともあります。

気の弱いキャバ嬢の場合には、それに負けて枕営業をしてしまうこともあるようですがこれが落とし穴にハマるきっかけになります。

周りに嫌われる枕営業

枕営業はあまり同業者、つまり他のキャバ嬢から好まれません。ましてや枕営業をしていないキャバ嬢からしたら、同じキャバクラで働いている自分たちまで「枕営業をしてくれるのではないか?」とお客様に勘違いされるリスクとなります。

そのため枕営業をしているキャバ嬢は他のキャストから嫌われる傾向があります。

またお店の男性スタッフも、キャバ嬢に枕営業をしてほしいとは思っていません。というのも枕営業でお客様に来てもらっても、他のキャストの印象も悪いし、長続きしないと思うためです。

枕営業をすることはキャバ嬢としての評判を落とすリスクもはらんでいます。

枕営業をしていることが他のお客様にも伝わってしまうと、「自分にも枕営業してくれるのでは?」と変な期待をさせてしまうのです。そしてお客様からも「体でしか客を取れないのか」とバカにされることもあります。実は枕営業をしていることはウワサとして広まりやすいものです。

キャバ嬢とセックスをした男性の中には口が軽い人もいますし、キャバ嬢を落としたことを自慢話にする人もいます。同じように他のお客様に対して枕営業をしている子の悪口を言いふらすキャストもいます。

男性スタッフやお店が枕営業を推奨しないのも、こうしたトラブルを避けるためです。

枕営業をしたキャバ嬢の他の指名客としたら自分が枕営業をされていてもされていなくても、そんなウワサを聞いたらいい気はしません。

最終的にそのキャストのお客様は離れてしまい、お店の売り上げも下がってしまうのです。そのため、枕営業をするキャバ嬢は誰からも良い評価を得られなくなってしまいます。

変な癖がつくのもデメリット

枕営業をすると楽さにとりこになってしまうこともあります。

キャバクラの接客では、お客様に面白いネタを提供して盛り上げたり、気の利いたリアクションを取ったりといろいろなスキルが必要となります。

しかし枕営業でお客様を呼ぶことができるようになると、こうしたスキルを頑張って身に着ける必要がなくなってしまいます。駆け引きをして気を持たせたり、セックスはせずにお店に来てもらう努力も必要ないので、それがくせになってしまい、営業努力をしなくなります。
これが一番大きなデメリットかもしれません。

無料でLINEから面接応募申し込みできます

『LINEバナーをクリックして友達追加』
LINEにてお友達追加することでご応募できます。
ご希望のエリアや条件、もしくは具体的にご希望の店舗や条件などが決まっている場合は記入していただければと思います。
 ↓
『ご提案』
具体的な店舗が決まっていない場合でも、分かる範囲で希望条件や希望エリアを言っていただければOKです。当社スタッフがお聞きした希望から、条件にあてはまる店舗をいくつか提案させていただきます。
 ↓
『面接日の決定』
面接希望日の確認をし、スケジュールを調整し、面接のご希望のお日にち、お時間を決めさせていただきます。
 ↓
『面接当日』
約束した日時に当社スタッフとお待ちわせをし店舗まで案内します。具体的に店舗が決まっていない場合などは面談をさせていただいてご希望に合う店舗をご提案したします。
 ↓
『面接終了後』
面接結果の合否は当日、もしくは翌日中にわかり次第報告します。面接に合格した場合、体験入店の希望日のスケジュールを調整します。不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。
 ↓
『体験入店当日』
体験入店の当日の昼過ぎに、当日確認の連絡をさせていただきますのでご返信をお願いします。ご都合等により来るのが難しくなった場合は日程変更の調整をしますが問題ない場合は、体験入店になります。体験入店当日は、顔写真つきの身分証は必須です。必ずご持参ください。
 ↓
『体験入店終了後』
体験入店結果の合否を当日か翌日、わかり次第報告します。採用の場合、本入店の希望日のスケジュールを調整します。不採用の場合は他の店舗のご提案をし、再度面接のスケジュールを調整します。
 ↓
『入店後のサポートケア』
本入店後「想像していた雰囲気と違う」や「待遇や環境がしっくりこない」等、実際に働きだしてから初めて感じた問題点などご相談承ります。当方が解決の為に代わりの窓口となって店舗様と交渉します。もちろん在籍を辞退する場合も、お気軽にお申し付けください。

LINEから申し込み、面接、体験入店と本入店までの流れになります。

LINEアイコン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です