同伴を生かして収入をアップさせる方法

同伴とは重要な顧客確保のシステムです

同伴は同伴出勤の略語で、お客様と女性が一緒に店に入るシステムのことです。

キャバクラやクラブなどで使われているもので、お店にお客様を連れてくることができるため、確実に来店を見込めます。 前もって同伴の予定が決まっていると、その日の売り上げを予測することができ、スタッフ数も過不足なく準備できます。

そのためお店目線で見ると経営の安定につながり、非常に喜ばれます。

同伴出勤では、通常の開店時間よりも遅い時間に出勤することができます。例えば19時開店のお店でも20時や21時くらいまでに出勤すれば良いとされており、その間はお客様とキャストは外で過ごします。

その時間帯はお店で働くことはできませんが、来店すれば同伴料が発生するため、損することは全くありません。それどころか同伴すれば、同伴料をお店とキャストで分けたり、同伴ポイントがつくため、店にもキャストにもメリットがあります。

本日はそんな同伴を上手に生かして収入をアップさせるコツを伝授します。

同伴のメリットを理解する

同伴は女性にとっての大きな収入アップのチャンスとなります。

同伴ではお客様と店に入るだけで同伴バックや同伴ポイントがつき、さらに同伴したキャストはそのままお客様の席について指名をもらうことになります。

それでけではなく席に着いたらドリンクや料理などをおねだりして、それらの料金バックを得ることもできます。自分のお客様なのですから多少のワガママも許容されやすいのでフリー客よりも間違いなく楽です。

同伴というシステムによってお客様はキャストと外で会えることを楽しみにして約束を守りやすくなりますし、ほぼ確実に本指名が取れます。

同伴のメリットをお客様にも理解させる

同伴を知らないキャバクラ初心者の男性は、キャバ嬢から誘われて個人的な付き合いだと勘違いすることもあります。

これは非常に危険ですので、同伴ではそういった初心者の男性から勘違いの好意を寄せられたり、体の関係を迫られたりするリスクは否定できません。ですので男性に勘違いされないために、同伴というシステムの仕組みを説明してお互いに納得の上で同伴してもらえる環境を作ることが必要となります。

説明はできるだけ女性がした方がいいです。

お金のシステムを黒服にわざわざ説明させるよりも、話の流れでキャストから伝えた方が場の雰囲気を壊さずに同伴のお願いができるでしょう。

同伴のシステムを知りながらも、自分勝手に同伴の約束を悪用するお客様も中にはいますので注意しましょう。

例えば同伴すると言っておきながら、店に到着する前にホテルに誘おうとしたり、そのまま帰宅する人もいるようです。

同伴せずに食事に行こうとムリを言い続けるセコイお客様も時々いますので、無益なお誘いには乗らないようにあしらうことも必要となります。

冷たく断る必要はありませんが、次に来店するまで、つまりお店に来てお金を落としてくれるお客様だと確認できるまでは深入りする必要はありません。

まとめ

同伴というキャバクラ独自のシステムは、女性にとってもお店にとってもメリットが多いものですが、利用の仕方を間違えるとトラブルの元になることもあります。

普段の会話のやり取りや同伴のお誘いで駆け引きこそ必要ですが、料金システムの説明では駆け引きなしに正直に説明して誠意を見せた方が良さそうです。

また、同伴をエサに来店しないでただで遊ぼうとする男性への対応も考えておきましょう。快適な同伴を目指すには、お客様もキャストもお互いにシステムへの理解が必要と言えるでしょう。

これからナイトワークのバイトに挑戦してみようという方にオススメのお役立ち求人情報をまとめたサイトもご参考ください。ラウンジビップというサイトですが、ラウンジバイトの経験者のインタビューを網羅し、バイトをやろうしたきっかけややりがい、つまづいた時の対処法など専門的にまとめたコンテンツが充実しています。また、こういった方に向いてるという向き不向きタイプ別でも求人情報を振り分けているなど独自コンテンツが特徴的です。人気条件での西麻布ラウンジのバイトさがしが加速するかと思います。いちどチェックしてみてはいかがでしょうか。ラウンジビップは厚生労働省認可の有料職業紹介事業許可も得ている信用性の高いサイトです。安心のサポート体制が魅力です。

西麻布のラウンジバイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です